ピーピーフリー IBS

ピーピーフリーでIBS対策

IBS【過敏性腸症候群】とは、お腹の痛みや調子がわるく、それと関連して便秘や下痢などのお通じの異常
(排便回数や便の形の異常)が数ヵ月以上続く状態のときに最も考えられる病気です。

(引用:日本消化器学会ガイドライン)』

 

ピーピーフリーって?

IBS(過敏性腸症候群)改善サプリ?

緊張したときにトイレにかけこみたくなる
……が常態化している。

 

なにもしてなくても、ストレスですぐにピーピーに……。

 

非常につらいです。

 

ピーピーフリーの公式ホームページを読むと、
そういった症状に立ち向かおうと
こだわりにこだわって開発されたと
察することはできるのですが、
明確に『IBS治療用』とも『薬』とも
されてはおりません。

 

あくまでも『サプリメント』としています。
薬機法(薬事法)に則り、そのような扱いとなっております。

 

「過敏性腸症候群」改善サプリ【ppFree(ピーピーフリー)】

 

そんなんで大丈夫なの?

製造元のワイズ製薬は、満足いかなければ3か月全額返金保証をつけています。
これは、ちょっとやそっとの自信ではやれません。
ほかにも専任の薬剤師によるサポート体制を整えており、かなりの本気具合がうかがえます。
いわゆる『ガチ』というやつです。

 

それでどんなサプリなの?

形状はアーモンド大の黒色の粒です。中身はペパーミントオイルを主原料とした液体が入っています。

 

全成分(引用:ワイズ製薬)

サフラワー油、食用油脂、殺菌ビフィズス菌末、ウイキョウ末、サラシア末、ショウガエキス 、 香辛料抽出物、ゼラチン、グリセリン、酸化防止剤(γ-オリザノール)、
グリセリン脂肪酸エステル、ミツロウ、トウモロコシたん白、カラメル色素

 

ペパーミントオイル

ペパーミントオイルの働き

(引用:ワイズ製薬)

 

ペパーミントオイルは、l-メントールやメントンを主成分
とする精油で、強い清涼感があります。
もともとペパーミント自体、日本でも古くより健胃作用
が知られていましたが、研究が進んできたのは
ごく最近の話。
それは、とある内科医が、生物学者から「ミミズ」の話
を聞きつけたのが発端。
曰く、ミミズを解剖する際、あのうねうねした動きを
止めるにはペパーミントオイルがてきめんなのだとか。
ペパーミントオイルには、ミミズの運動を支える平滑筋
の動きを直接的に抑制する優れた働きがあるのです。
この話に驚いたのが内科医。
彼もまた、オペ中に平滑筋でうねうねと動く胃腸の
動きを止めることに苦心していたのです...

 

 

 

ショウガ・フェンネル

ショウガ・フェンネル(ウイキョウ)といったテルペン系の精油成分を豊富に含む素材を使っています。
このテルペン系成分は体内共棲細菌のバランスに働きかけて、ストレスを和らげる可能性が示唆されています。

 

ビフィズス菌

ビフィズス菌も入っています。
ただ、ピーピーフリーのビフィズス菌は死菌です。ビフィズス菌は自然界では動物の腸管内部のみに生息している菌であり、
ピピーフリーに入っている死菌は、あなたの腸内にすでに棲んでいるビフィズス菌の効果的なエサとなります。

 

カプセル

どんなに良い成分も吸収されなければ意味がありません。
だから、ワイズ製薬は成分を包むカプセルにもこだわりました。
天然成分を100%使いながら、高い耐酸性をもった腸溶性カプセル
『E-カプセル(特許第5878669号)』を使用。
効果のある成分を、そのまま吸収する場所へ────。
また、腸内で溶けるカプセルを採用したことで、ペパーミントオイルのきつすぎる清涼感も軽減されています。

 

どんな使い方になるの?

継続して、1回1粒。1日2回を食後を避けて飲用します。
食後に飲むと、腸に達する前にカプセルが崩壊する可能性があり、もたれ感などの原因となります。
体調に合わせて、1日3回にしても大丈夫です。

ペパーミント精油は、一般的使用量を経口摂取すれば安全だとされています。ペパーミント精油の過剰摂取は、有毒となる可能性があります。引用:eJIM

 

ピピーフリーは特効薬ではなく、飲み続けて体調を整えていくサプリメントです。
ですから、体調の良い時も悪い時も継続して飲み続けるように勧めているようです。

 

まとめ

今の世の中、ストレスから無縁で生きることは難しい。
ストレスとどう向き合うかというのが課題となってきます。

 

しかし、耐えればよいというものではありません。
適切に付き合うのが大事になってきます。

 

このピーピーフリーは、緊張などのストレスからくる
突然の下痢などの症状を持つ方に向けて、
ワイズ製薬が本気で開発した商品です。

 

そういった症状に悩まされている方は、
一度この商品をお試しください。

 

あなたのお力になれるかもしれません。

 

こちらから申し込めます ↓
「過敏性腸症候群」改善サプリ【ppFree(ピーピーフリー)】